引越し見積り相談センター

やはり即日、当日等の急な場合も含め、引越し料金を安くするためには、一括見積もりサイトの利用は鉄則となっています。
なぜなら、1つの引越し業者に依頼する場合と比べて、料金を業者同士と比べて競わせることにより大幅な値下げが可能だからです。

こんな引越しは失敗する・・・

これは十数年前に賃貸住宅から一戸建ての新居を購入し引っ越しした時の失敗談です。
少し古い話にはなりますが、今でも同じような失敗はあるのではないかと思います。
一番の失敗は子供の学習机が大きすぎて部屋に入らなかったことです。
賃貸住宅の時には難なく設置できたので新居でも問題ないだろうときちんと寸法を測らなかったことが原因です。
家具の大きさと、家の階段や各部屋の入口の広さなどを事前に測っておかないと、いざ引っ越しとなって大変な目に遭うことになりますよ。
実はソファーも引っ越しを機に購入したんですが、大きすぎて階段からは上げれず、2階の窓をはずし、ほかの業者さんにも手伝ってもらい3階から釣り上げる形で、なんとか外から運び入れることができました。
しかし、3階の子供部屋に入れる予定だった学習机はあと数ミリのところでどうにもならず、やむなく机の端を切断することとなりました。
ただ、切断するのも一苦労で、コーナンにのこぎりを買いに行き、切断するにも素材がとても硬く、一時間以上の時間を要しました。
もう一つの失敗は、引越し屋さんの到着時間に合わせて家具屋さんや電気屋さんなどの業者さんを呼んでいたため、やってもらうべき作業が錯綜し、業者さんも待機時間が長くなりかなりの迷惑をかけることになってしまいました。
今思うとまずは引っ越し業者の荷物を一通り運び入れた後でクーラー設置などの工事関係をしないと、何をどうしてほしい等の指示は私しか出せませんし、各業者さんは私の指示がないと何も作業ができないため、とても非効率な作業となってしまいました。
あと、業者さんの車のことまで考えていなかったので、車の駐車場所についても困りました。
近所に車を止めれる駐車場などもなかったため、ご近所さんのお宅を回り、引越しが終わるまでの間、家の前に車を止めさせてもらえるよう頭を下げて回る羽目になりました。
何せ初めての引っ越しだったので要領を得ず、てんやわんやの一日となりました。