引越し体験談4

これまで5回の引越しを経験してきた私が、印象に残っている引越しについてお話しします。

引越しの手伝いは、意外と楽しい
私は友人の引越しの手伝いをした経験も多々あります。
引越しの手伝いは「しんどい」というよりも、「楽しい!」思い出として残っています。

というのも、友達とみんなでワイワイ喋りながら作業できるというのが1つ。
それに、服や日用品、家具など、友達が処分する予定のものをもらえたりします。
可燃ゴミや粗大ゴミとして処分するのは、結構お金がかかります。
粗大ゴミの場合は、決まった日の決まった時間に玄関前などの所定の場所に出さなければならないため、面倒ですし、何千円もかかりますのでできれば誰かにもらってもらったほうが良いのです。

また、友達も忘れていた思わぬ物が、押し入れの奥から出てきたりなんかして、「懐かしいね!」なんて言いながら盛り上がれるのも魅力の1つだったりします。
個人的な意見ですが、運動不足解消にもなるし、友達から掃除の仕方を学んだりすることもあります。
そんなわけで、引越しの手伝いは、体は疲れるかもしれませんが、意外と楽しいものなのです。

何と言っても物件選びが、一番楽しい
引越しの前には、物件選び! この物件を選んでいる段階が一番楽しいです。
新しい町での、新しい生活。今よりもっと楽しい生活が待っているはず…。
とワクワクしながら不動産仲介業者を回ります。
実際にその土地を歩いてみて、自分がそこに暮らすことを想像するのです。
素敵な物件が決まれば、引越しの前にどの部屋に何を置くかを決めます。
新居での生活のイメージがきっちり決まれば、あとは引越し作業も楽しくできるはずです。