引越しの経験がない方にとっては、引越し作業は不安のかたまり。
少しでもスムーズに引越しできるよう、ちょっとしたアドバイスを書いてみます。
ここでは、梱包の際に自分が特に気を付けた事柄を、物別に記載します。

冷蔵庫
私は、引越し数日前から冷蔵庫の中のものはほぼゼロの状態にしています。
前日までには霜取りを終え、水気をなくします。
コンセントは前日には抜いておきましょう。
コードは搬送の際に絡まらないよう巻いて裏側にテープで固定して下さい。
また大事なのは、中に割れ物などを入れておかないことです。
「冷蔵庫は締めて搬送するから」と思っていると、中のものが割れてしまったりこぼれてしまったりすることもあります。

洗濯機
引越しの前日までにコンセントとアースを外し、ガムテープで洗濯機に貼り付けましょう。
水抜きは業者がやってくれることもありますが、そうでない場合には前日には水抜きを済ませてしまいましょう。

ふとん
私はふとん類は圧縮袋に入れてペタンコの状態にするようにしています。
かさばらないので運搬が楽になります。
人によっては、ふとんが緩衝剤になるからといって、丸めた布団の中に割れ物を入れたりする人がいますが、そのことを業者が配慮してくれるとは限りませんのでおすすめできません。

コップ類や陶器
緩衝剤や新聞紙でくるみ、隙間ができないようにダンボールに敷き詰めましょう。
隙間ができてしまうと、中でぶつかり合って割れてしまうこともあります。
また、ダンボールの底には緩衝剤などを敷いたほうが確実です。
陶器などは新聞紙でくるむと色が移ってしまう場合もありますので、気になる人は白い紙などを使用して下さい。