引越しの経験がない方にとっては、引越し作業は不安のかたまり。
少しでもスムーズに引越しできるよう、ちょっとしたアドバイスを書いてみます。

・ダンボールにメモ
荷造りをする際、かならずダンボールには「①何が入っているか」、「②どこに運び入れるか」の2点をメモしましょう。
まず、「①何が入っているか」についてですが、どのダンボールに何が入っているかを明記しないと、「あ、あれどこだっけ?」という時にすぐに探し出せるからです。

次に「②どこに運び入れるか」ですが、運び入れの際に、とりあえず広いリビングに荷物をまとめておいて、運び入れが完全に終わってから、子供部屋やらキッチンやら浴室やらに再び持っていかなければならないのは正直大変です。
ただでさえ思い荷物なのですから、新居に運び入れるときに、直接使用する場所まで持って行ったほうがずっと作業は楽になります。
ですので、ダンボールには「リビング」「キッチン」「浴室」などと大きな文字で書いておくと良いでしょう。
また、部屋数が多い場合には、あらかじめ見取り図中の各部屋に番号をふっておいて、その番号をダンボールに書くのも良いですね。
ただ、そのためには、運び入れをする前から、きちんと家具や荷物の配置を考えておかなければなりません。
運び入れが始まってから、「ここに置こうかな」「やっぱりこっちがいいかな」などと悩まないようにしましょう。

また、メモを書く場所ですが、①については長くなりがちなので側面だけでいいかと思いますが、②については上面と側面の両方に書いた方が、一目瞭然なのでベターです。